記事一覧

ブログ メンテナンスのお知らせ

メンテナンスの為、休止させていただいております。
何卒、ご了承くださいませ。

リサイクル什器・ひな壇②

ファイル 1188-1.jpgファイル 1188-2.jpg

画像のひな段は、
商品がそれぞれの段に、きちんと納まるように設計されております。

ミルパックス素材に、木目調の紙を貼った素材を使用しておりますので、
まるで木製のような高級感のある什器に仕上がっております。

この什器を少し応用したモノを、長年「イオングループ」様の
福財布等のディスプレイ台として、お使いいただいております。

☆「イオングループ」様 什器掲載記事
①http://paxalive-premium.com/blog/diary.cgi?no=80
②http://paxalive-premium.com/blog/diary.cgi?no=795

パックスアライブでは、長年のパッケージづくりのノウハウを活かしたご相談や、
アドバイス等もさせていただいております。(木箱、紙箱、什器など)
小ロットからの対応可能ですので、下記お問合せフォームより
お気軽にご相談いただければと思います。

☆パックスアライブ 本社工場 お問合せフォーム
http://paxalive-premium.com/inq5.php

リサイクル什器・ひな壇①

ファイル 1187-1.jpgファイル 1187-2.jpg

6月は、環境月間ですね。
今週もパックスアライブで製作しました「什器(じゅうき)」を紹介させていただきます♪

画像は、什器の中でも特に需要の多い「ひな壇」の什器です。
素材は牛乳パック100%再生紙の板紙ミルパックスを使用しております。
ミルパックス素材の風合いを活かして、
Vカット加工とプレスカット加工をして作成しております。

☆牛乳パック100%再生紙の板紙 ミルパックス 【エコプロジェクト】
http://paxalive-premium.com/ecoproject.html

リサイクル什器②

ファイル 1186-1.jpg

牛乳パック100%再生紙の板紙ミルパックスに白色の「ユポ」という、
丈夫で耐水性にも優れた合成紙を貼り、
Vカット加工、プレスカット加工をして作成しております。

「日本電気(NEC)」様では、
長年にわたり様々な「環境への取組み」に貢献されていらっしゃいます。
15年程前に環境に配慮されたミルパックス素材に、
ご興味をお持ちくださり、ご採用いただきましたことを、
社員一同、ほんとうに光栄に思っております。

☆「ユポコーポレーション」様 ホームページ
http://japan.yupo.com/product/yupo/index.html

パックスアライブでは、長年のパッケージづくりのノウハウを活かしたご相談や、
アドバイス等もさせていただいております。(木箱、紙箱、什器など)
小ロットからの対応可能ですので、下記お問合せフォームより
お気軽にご相談いただければと思います。

☆パックスアライブ 本社工場 お問合せフォーム
http://paxalive-premium.com/inq5.php

リサイクル什器①

ファイル 1185-1.jpg

6月は、環境月間ですね。
パックスアライブで製作しました「什器(じゅうき)」を紹介させていただきます♪

「什器(じゅうき)」とは、店舗やショールームなどで
商品やカタログなどを陳列・設置するための器材です。

画像は、15年程前に作成させていただきました「日本電気(NEC)」様の什器です。
スマートフォンのディスプレイ台のようにも見えますが、
当時は、まだ普及しておりませんでしたので、
小型モバイル用の商品ディスプレイ台として使用されていたと思われます。

什器の素材には、牛乳パック100%再生紙の板紙ミルパックスを使用しております。

☆牛乳パック100%再生紙の板紙 ミルパックス 【エコプロジェクト】
http://paxalive-premium.com/ecoproject.html

はがきギフト券

ファイル 1184-1.jpgファイル 1184-2.jpg

画像は、モクモク様のロングセラー商品「はがきギフト」です。
内祝、引き出物としても一番人気商品だそうです。
パッケージの素材には、牛乳パック100%再生紙の板紙「ミルパックス」を使用しております。

ミルパックス素材に木目調の紙を貼ったVカット加工のパッケージは、
まるで木箱のようなプレミアムギフトパッケージとして、
多くのユーザー様にお使いいただいております。

パックスアライブでは、長年のパッケージづくりのノウハウを活かしたご相談や、
アドバイス等もさせていただいております。(木箱、紙箱、什器など)
小ロットからの対応可能ですので、下記お問合せフォームより
お気軽にご相談いただければと思います。

☆「モクモク手づくりファーム」様 ホームページ 商品掲載ページ
https://www.moku-moku.com/ec/gift/category.php?catecd=7
(左画像は、ホームページの画像を掲載させていただきました。)

☆牛乳パック100%再生紙の板紙 ミルパックス 【エコプロジェクト】
http://paxalive-premium.com/ecoproject.html

☆パックスアライブ 本社工場 お問合せフォーム
http://paxalive-premium.com/inq5.php

ジャージー牛乳ソフト

ファイル 1183-1.jpgファイル 1183-2.jpg

今週も暑い日が続きましたね。
三重県の「御在所(ございしょ)サービスエリア」では「モクモク手づくりファーム」様の
「ジャージー牛乳ソフト」が大人気です♪

ソフトクリームのコーンの包み紙に原料の「ジャージー牛乳」についての説明と、
乳牛のライフサイクルのイラストがわかりやすく説明されておりましたので、
ご紹介させていただきます。(右画像)

【説明文】
モクモクの牧場には、約30頭のジャージー牛がいます。
1頭からとれるお乳の量は、1日に15〜20リットルとホルスタイン種の約半分ですが、
乳脂肪分が高いという特徴があります。
モクモクのソフトクリームは、このジャージー牛乳を使ってつくっています。

とっても大きくて濃厚で・・・ほんとうに美味しいソフトクリーム♡
また、ぜひ堪能させていただきたいと思っております。

☆「モクモク手づくりフォーム」様 ホームページ
直売店・直営カフェ
http://www.moku-moku.com/chokubai/index.html

ミルパックス収納ケース

ファイル 1182-1.jpeg

今週は夏のような気候ですね。
この時期は寒暖差が大きいですので、体調にお気を付けてお過ごしくださいね。

画像は桐柄の収納ケースです。
素材は、牛乳パック100%再生紙の板紙ミルパックスを使用しています。

4mm厚の丈夫でしっかりとしたケースです。
木材と同じ厚みにするために、2mm厚の板紙にVカット加工をし、
貼合わせてから作成しております。
そうすることにより、全ての面に段差がなく、天面の小口も綺麗な桐柄に仕上がります。
持ち手部分はプレスカット加工をしております。
まるで桐箱のようなeco収納ケースです♪

パックスアライブでは、長年のパッケージづくりのノウハウを活かしたご相談や、
アドバイス等もさせていただいております。(木箱、紙箱、什器など)
小ロットからの対応可能ですので、下記お問合せフォームより
お気軽にご相談いただければと思います。

☆牛乳パック100%再生紙の板紙 ミルパックス 【エコプロジェクト】
http://paxalive-premium.com/ecoproject.html

☆パックスアライブ お問合せフォーム
http://paxalive-premium.com/inq5.php

2018 愛鳥週間②

ファイル 1181-1.jpgファイル 1181-2.jpg

愛鳥週間にちなんで、可愛らしい小鳥のパッケージをご紹介させていただきます♪
画像は、25年程前に開催された女性デザイナー15名からの
アフターユースを主題としたパッケージ展「木箱新考察」の作品です。
この作品は、パッケージデザイナーの「加藤 妙子(カトウ タエコ)」さんがデザインされました。
(作品名:いろいろ BASKETS)

パッケージの素材は、「ウッドバックス(木箱)」です。
木材(ベニヤ)の片面に「ユポ」という丈夫な合成紙を貼り、
Vカット加工のジャバラ状の材料(側材)を作成し、
両サイドに、お花や小鳥の形をした木材(妻材)をはめ込みます。
木製の持ち手(曲げわっぱ)を付けたら、とても可愛らしいバスケットが完成しました♪

パックスアライブでは、長年のパッケージづくりのノウハウを活かしたご相談や、
アドバイス等もさせていただいております。(木箱、紙箱、什器など)
小ロットからの対応可能ですので、下記お問合せフォームより
お気軽にご相談いただければと思います。

☆「ユポコーポレーション」様 ホームページ
http://japan.yupo.com/product/yupo/index.html

☆パックスアライブ お問合せフォーム
http://paxalive-premium.com/inq5.php

2018 愛鳥週間①

ファイル 1180-1.jpg

毎年5月10日〜16日までの一週間は、「愛鳥週間(バードウィーク)」ですね。
この時季は、鳥の活動が活発になります。
愛鳥週間は鳥を通じて自然保護の大切さを実感し、自然について考えてほしいとの想いから
昭和22年に「バードデーの集い」として始まりました。
その後、昭和25年に毎年5月10日から16日の1週間を「愛鳥週間」と定め、
現在まで続いています。

我が家では、長年「十姉妹(ジュウシマツ)」という小鳥を飼っていました。
画像は、唯一卵から生まれて成長した十姉妹の親子です。
親鳥が一生懸命に卵を温め、卵から孵化(ふか)した幼い雛に、
口移しで餌を与えている姿には、本当に感動したことを覚えています。

十姉妹は、比較的丈夫な小鳥です。
市販の小鳥の餌(殻つき)、貝殻を砕いたカルシウム(ボレー粉)、
粟の穂(あわのほ)、青菜(小松菜やサラダ菜など)を食べて元気に過ごしていました。

七羽の大家族でしたので、市販の一番大きな鳥かごを用意し、
雛(ひな)の成長に合わせて手づくりの丸棒(木製)で、止まり木を作成しました。
日光浴が大好きで、いつも雀(すずめ)たちとの会話を楽しんでいるようでした。

慣れてきましたら、ちぎった青菜や粟の穂などを
手から与えても食べてくれるようになりました♪
小さな藁(わら)の巣の中で家族全員で眠っている姿は、
とても可愛らしくて癒されました♡

☆「環境省」ホームページ
https://www.env.go.jp/press/105449.html

ページ移動