記事一覧

感じるパッケージデザイン展⑥

ファイル 1236-1.jpgファイル 1236-2.jpgファイル 1236-3.jpgファイル 1236-4.jpg

続きまして「伝達」をテーマにされた作品をご紹介させていただきます♪
(許可を得て撮影させていただきました。)

左上画像は、伝えたいメッセージを「8個のCUBE」を使用して
ありがとう、ごめんなさいも言葉がなくても思いは伝わる?!・・・をテーマに、
作成されたパッケージです。
オセロのように裏返せば「◯からXへ、Xから◯へ」と
CUBEを組替えながら「Yes!」、「もうちょっとなんだけどなぁ」、「ごめんなさい」、
「五分五分」、「何かが足りない」、「じつは腹黒いんです」等・・・
伝えたいメッセージをゲーム感覚で楽しむことができる作品です。
(この作品は、30年程前の弊社パッケージ展等に於いて大変お世話になりました、
パッケージデザイナーの「松本 茂美」さんの作品です。)

右上画像は、「日本人の味」をテーマに作成されたパッケージです。
無形文化遺産に登録された「和食」には、
日本の気候と文化と伝統が育んだ知恵が活かされ、
世界に誇る食の芸術性を生み出しています。
そのような世界に誇れる日本人の細かな気遣いと繊細さを表した作品です。

左下画像は、ハートシェイプのパッケージです。
ハートの形は、「言葉がなくても思いが伝わる。」世界共通の象徴型。
黄金ハートに包まれた思いを受け取って・・・との熱い想いが込められた作品です。
(この作品は、30年程前の弊社パッケージ展等に於いて大変お世話になりました、
パッケージデザイナーの「桑 和美」さんの作品です。)

右下画像は、「思いをあたためる」パッケージです。
お祝いごとや記念日に贈り物をしますが、
本当に大切なものは、そこに込める「思い」です。
大切な「思い」をこの巣に入れてあたためましょう。との想いが込められた作品です。
巣の卵をあたためたら、素敵な思いが誕生してくれますね。
思いだけではなく、心もあたたかくなるような作品でした♡

以上をもちまして、「感じるパッケージデザイン展」のレポートを終了いたします。
たくさんの素敵な作品を拝見し、深く感銘を受けました。
心より感謝申し上げますとともに、皆様の益々のご活躍を祈念しております。
本当にありがとうございました。

☆「日本パッケージデザイン協会」様 ホームページ
パッケージデザイン【情報の森】
http://www.jpda.or.jp/activities-info/eco_ud/

感じるパッケージデザイン展⑤

ファイル 1235-1.jpgファイル 1235-2.jpgファイル 1235-3.jpgファイル 1235-4.jpg

続きまして「素材」や「触覚」、「視覚」をテーマにされた作品をご紹介させていただきます♪
(許可を得て撮影させていただきました。)

左上画像は、16種類の素材で作成されたパッケージです。
「触覚」をテーマに、実際に素材にさわっていただきながら、
同じ形のパッケージから、どれだけの違い感じていただけるのか・・・
との想いが込められた作品です。
(この作品は、長年にわたり弊社パッケージ展等に於いて大変お世話になっております、
パッケージデザイナーの「池田 毅」さんの作品です。)

右上画像は、私たちの身近にある「ペットボトル」、「缶」、「瓶」の
飲料商品のパッケージです。
日常の馴染みあるパッケージから文字がなかったら・・・
「視覚」をテーマにされた作品です。
私たちの生活には、文字は欠かせない存在ですね。
形だけの世界・・・
文字が存在する前の世界は、人々は口頭、身振り、手振りで生活していました。
シンプルで、今よりも人と人との温もりを感じられる世界だったかもしれませんね。
(この作品は、パッケージ展等に於いて大変お世話になりました、
パッケージデザイナーの「カトウ ヨシオ」さんの作品です。)

左下画像は、「薬」のパッケージです。
顔に見立てた救急箱のパッケージには、「目には目薬」、「鼻には鼻薬」を配置して、
子供や外国人の方が病気やケガをした時に、
分かりやすく、安心して使えるように・・・との想いが込められた作品です。

右下画像は、パッケージフォルムに原材料やそれに関する何かを、
内側から突出させて作成したパッケージです。
文字や絵がなくても、フォルムから「こうゆう商品かなぁ。」と
想像していただけたら・・・との想いが込められた作品です。

奥には、真っ白なフワフワの毛に包まれたパッケージが展示されておりました♡

感じるパッケージデザイン展④

ファイル 1234-1.jpgファイル 1234-2.jpgファイル 1234-3.jpgファイル 1234-4.jpg

先週に引続き、「感じるパッケージデザイン展」の素敵な作品を、
お世話になりました皆様の作品とともに、
私の個人的テーマ別に、ご紹介させていただきたいと思います♪
(許可を得て撮影させていただきました。)

それでは、生物に関連した作品をご紹介させていただきます。
左上画像は、「食用昆虫」のパッケージです。
上質なタンパク質、ビタミン、鉄分も豊富な「食用昆虫」は、
近年世界中で注目されているそうです。
昆虫の形をしたパッケージには、「昆虫スナック」が入っています。
見た目からも昆虫の種類が伝わり、楽しんでいただきたいとの想いが込められた作品です。
(この作品は、30年程前の弊社パッケージ展等に於いて大変お世話になりました、
パッケージデザイナーの「高尾 保須子」さんの作品です。)

右上画像は、古くから日本で親しまれている「生き物」を、
日本刺繍で表現されたパッケージです。
可愛らしくて愛嬌のある「とかげ」、「かたつむり」、「てんとう虫」、「バッタ」・・・
ふと、子供の頃の懐かしさを感じさせてくれるような素敵な作品でした。
(この作品は、30年程前の弊社パッケージ展等に於いて大変お世話になりました、
パッケージデザイナーの「延安 敬子」さんの作品です。)

左下画像は、最近人気の「サバ缶」のパッケージです。
色鮮やかなパッケージ、漢字の「鯖(さば)」をローマ字で表記し、
老若男女、外国人の方にも直感的にお伝えできたらとの想いが込められた作品です。

右下画像は、植物の種(たね)のパッケージです。
種から芽がでて、葉が広がり、花が咲き、実り・・・種になる。
このまま埋められ、自然に還る一つ一つの種から、
植物の成長の美しさを感じていただけたら・・・との想いが込められた作品です。

感じるパッケージデザイン展③

ファイル 1233-1.jpgファイル 1233-2.jpgファイル 1233-3.jpgファイル 1233-4.jpg

昨年12月18日(火)〜12月30日(日) に、東京都渋谷区で開催されておりました、
「感じるパッケージデザイン展」の素敵な作品を、お世話になりました皆様の作品とともに、
私の個人的テーマ別に、ご紹介させていただきたいと思います♪
(許可を得て撮影させていただきました。)

この展示会は、「JAPAN DESIN」を共通コンセプトに・・・
2016年よりオリンピックイヤーの2020年へ向けて、2年ごとに開催されており、
2回目は、言葉というボーダーを超えて「言葉はなくても伝わる」をテーマに、
100人のパッケージデザイナーの皆様の素敵な作品が展示されております。

左上画像は、展示会入口の様子です。
それでは、初めに日本食に欠かせない「お米」、「塩」をテーマにされた作品を
ご紹介させていただきます♪

右上画像は、一枚の布から作成した米俵のパッケージです。
古くから稲わらで編んだお米を包む「俵(たわら)」は、縁起物の象徴とされてきたそうです。
米俵に、ぎっしり詰まったお米を感じていただきたいとの想いが込められた作品です。
奥には、鏡餅のパッケージ作品が展示されておりました。

左下画像は、おにぎり大一個分/約0.5合をひと包みとしたお米のパッケージです。
一合という単位や量を知らなくても、炊きあがりのふっくら美味しそうなイメージを感じて、
直感的に食べたい分を炊いていただけたら・・・との想いが込められた作品です。
稲穂のワンポイントが、とてもカワイイ作品でした。

右下画像は、日本のお土産をテーマに「日本の海の塩」を入れたパッケージです。
檜(ひのき)を使用した桝(ます)に、日本の海の塩が入っています。
日本の建物や日用品に古くから使われてきた檜の良さを、
使いながら感じていただきたいとの想いが込められた作品です。
アフターユースできる檜の桝は、スタッキング桝としても使用できるそうです♪
(この作品は、30年程前の弊社パッケージ展等に於いて大変お世話になりました、
パッケージデザイナーの「牛島 志津子」さんの作品です。)

☆「日本パッケージデザイン協会」様 ホームページ
http://www.jpda.or.jp/index.php

36年目の手づくりカレンダー

ファイル 1232-1.jpgファイル 1232-2.jpg

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年は、いのしし年ですね。
いのししは、十二支の12番目の干支で「亥」と書きます。

いのしし(猪)のお肉は、古くから万病に効果があると言われています。
猪のお肉を使った「牡丹鍋(ぼたんなべ)」は、有名ですね。
また、猪にまつわる神社へ初詣に行く慣習等・・・
先人の時代から無病息災の象徴として親しまれてきました。

画像は、「タカオデザイン事務所」様より送付いただきました、
2019年の手づくりカレンダーです。(折りたたみ式・卓上カレンダー)
長年にわたり素敵な干支イラストが描かれた手づくりカレンダーに、
温かいメッセージ添えて届けてくださいました。
新年号を迎える今年を区切りに、
十二支を3回分(36年間)続けられたカレンダーも、一区切りされるとのことでした。

毎年、心温まるメッセージに元気パワーをいただいておりました。
心より感謝申し上げますとともに、益々のご活躍を祈念しております♡

☆「タカオデザイン事務所」様 ホームページ
http://www.takao-design.com/index.html

・     ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・   
パックスアライブでは、長年のパッケージづくりのノウハウを活かしたご相談や、
アドバイス等もさせていただいております。(木箱、紙箱、什器など)
小ロットからの対応可能ですので、下記お問合せフォームより
お気軽にご相談いただけましたら幸いです。

☆パックスアライブ 本社工場 お問合せフォーム
https://www.paxalive-premium.com/form-b/otoiawase.html

感じるパッケージデザイン展②

ファイル 1230-1.jpg

東京都渋谷区にて開催中の「感じるパッケージデザイン展」へ行って参りました。
平日でしたので、学生さんが多くいらっしゃっており・・・
皆さん一つ一つ熱心に観賞されていました。

たくさんの素敵な作品を撮影させていただきましたので、
ブログを通じて、来年ゆっくりとご紹介させていただく予定です♪
(許可を得て撮影させていただきました。)

☆「感じるパッケージデザイン展」:12月18日(火)〜12月30日(日) 入場無料
会場:東京都渋谷区/渋谷ヒカリエ8/CUBE 8階
http://www.hikarie.jp

☆「日本パッケージデザイン協会」様 ホームページ
http://www.jpda.or.jp/index.php

「日本を包む」 展 レポート②

ファイル 1000-1.jpgファイル 1000-2.jpg

会場には、長年お世話になっております、
多くのデザイナーの方々の作品が展示されておりましたので、
作品説明文より抜粋して、ご紹介させていただきます♪

「あでやか」
☆あでやかな日本の花を包んだパッケージ。

「うつろう」
☆命のうつろい、繰り返し、癒しを包み込む風呂敷。

「いさぎよい」
☆清らかで、未練なく、さっぱりしている、サムライ魂をイメージしたパッケージ。

「せせらぎ」
☆宇宙からのサウンドギフトパッケージ。

「ざわめく」
☆ざわめきを仕舞い込むパッケージ。
☆昔からある柄、「縞模、市松、菱、鱗」を並べて繋げたパッケージ。

「いただきます」
☆錫(すず)100%を使用した、どんな箸でも受けとめることができる箸置き。
☆刹那生滅をイメージしたパッケージ。

「しじま」
☆石と鳥取の智頭町の杉の木を使用した木桶蒸留本格焼酎のパッケージ。

「こころくばり」
☆美しい杉の柾目の銘々皿を、優しい和紙で包んだパッケージ。
☆ホッと一息。優しい珈琲のパッケージ。

次回は、大阪で開催されるそうです。
お近くへお越しの際は、
ぜひ、素敵な作品をご覧いただけたら嬉しく思います♡

☆大阪展:12月26日(月)〜1月11日(水) 11時〜21時 入場無料
会場:大阪市北区/ブリーゼ ブリーゼ 1階 メディアコート
http://www.breeze-breeze.jp

「日本を包む」 展 レポート①

ファイル 999-1.jpgファイル 999-2.jpg

10月になり、秋が近づいてきました。
秋といえば、芸術の秋ですね♪

画像は、先月26日まで東京都渋谷区で開催されておりました、
「2016 日本を包む」展の様子です。
会場の「渋谷ヒカリエ」は、渋谷駅と直結していることもあり、
多くの人で賑わっていました。

展示会場には、学生さん、子供連れのご家族等、幅広い年齢層の方々が訪れており、
「うつくしい日本語」をテーマにデザインされた素晴らしい作品を、
じっくり観賞されておりました。

☆「日本パッケージデザイン協会」様 ホームページ
http://www.jpda.or.jp/index.php

2015 愛鳥週間①

ファイル 849-1.jpgファイル 849-2.jpg

毎年5月10日〜16日の1週間は「愛鳥週間」ですね。
愛鳥週間にちなんだ鳥のパッケージをご紹介いたします。
画像は、パッケージデザイナー「加藤妙子」さんの作品です。
フクロウ、キツツキ、カモなど一つ一つがBOXになっています。
素材はウッドパックス(木箱)です。
この作品は自然の中での雰囲気を出せるようにと「大阪城公園」で撮影したそうです♪

☆環境省ホームページ
https://www.env.go.jp/press/100920.html

☆「公益財団法人 日本鳥類保護連盟」様 ホームページ
http://www.jspb.org/index.html

eco jpan cup 2012 チャレンジ④

ファイル 499-1.jpgファイル 499-2.jpg

コンパクトに折りたたみができるように2本のVカットは、外側に入れます。
この作品を通じて、牛乳パック100%再生板紙「ミルパックス」と製造する際に出る
「端材」のことも一人でも多くの方に知っていただけたら、嬉しく思います。
また、いつも端材などの材料の提供をしてくださるパックスアライブ本社工場の方々に、
この場をお借りしてお礼申し上げます。

ページ移動