箱・ギフト箱、オリジナルボックス製作、高級ギフトボックスのノウハウで小ロット・短納期を実現、紙箱・貼箱・Vカット・木箱等、総合的なご提案で数多くのヒット商品・ロングセラー商品に携わってきました

 Vカットのヒミツ

同業他社も、Vカット加工の技術を提供しギフト箱・ギフトボックスを制作していますが当社の違いは、精度の安定と加工技術にあります

精度の安定とは、イコール「精度の高さ」であり熟練した技術を有している証です。
事実、大手企業様はじめ有名メーカー様から高い評価を得て、ロングセラーと呼ばれるギフト箱やギフトボックスのオリジナルパッケージ制作を多数手がけております。

更に、加工技術はVカットだけではなく、高級箱にふさわしい演出のために、通常は請け負わない「手作業」によるギフト箱・ギフトボックスの組立を行うことで、オリジナルパッケージとしての存在感を提供しております。
Vカットの最大特長は、多様な形に対応できること。

三角形のギフト箱・八角形のギフトボックス・丸型の桐箱・ドーム型のオリジナルパッケージといったように、形と素材や用途を組み合わせることで、デザインと機能性への対応力が極めて高いことが、高級箱・高級ギフトボックス制作において使用される要因です。
つまり、Vカットのギフト箱・ギフトボックスやオリジナルパッケージは、高級だという消費者の認識や意識に繋がっているということなのです。

機械的には、既に20年以上のベテラン機械ですが、匠の技がそのベテラン機械を手足の如く操ることで、お客様のご要望にお応えしております。又、ベテラン機械を使用していることで、良心的価格を維持しております。(圧倒的低価格戦略には取り組んでおりませんので、予めご了承いただいております。)

当社は、「V」の角度をヒンジ部分と他部分で変えることで、材料の厚みや形状に対応しており、厚み0.5ミリ~4.0ミリという幅広いご要望に対応しております。

鋭角でシャープな仕上がりは、やはり高級感を感じさせてくれます。
言わば、エッジの効いたギフト箱・ギフトボックスがオリジナルパッケージとしての価値を更に引き上げており、消費者の間では、「高級だから」という理由でパッケージを廃棄せずに、収納用に使用する等されており、顧客へのブランド認知を補佐する役目も担っております。更には、最近の地球環境問題(数々のエコ対策)にも僅かながらでも貢献しているとも言えます。

注意事項:寸法が極端に小さい等、加工できない場合もあります。